シンセイコーポレーションが選ばれる理由

木造軸組み在来工法

※耐震等級3等級を標準仕様

耐震等級3等級は大きな地震による力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度を想定している基準です。
シンセイコーポレーションの注文住宅はこの耐震等級3等級にて施工を行います。

基礎の強化、接合部の強化、バランスのよい壁配置、梁などの適切な断面寸法の確保等の対策を講じます。
本来、木造2階建てでは必要の無い、構造計算を実施して金物、筋交い、木部材(柱・梁・桁等)をより強固な大きさや断面のものを使用することで、耐震性能を向上させることが出来ます。

また、室内の家具や家電の倒壊による圧死を防ぐため、壁等に強固に固定する対策を講じます。
大きな地震に強い構造と空間を造ることでお客様の安心と安全をご提供します。

耐震構法SE構法

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げています。従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れたのがSE構法です。SE構法は住む人の安心と安全及び地震に負けない強さと、木造の美しさの両立を実現しています。 

SE構法の着工件数は現在までに1万余棟を数えます。全てのSE構法による構造躯体には「SE住宅性能保証書」が発行され、完成引き渡し後に最長20年間、構造躯体に問題が生じた際の瑕疵保証が行われます。

SE構法発足以来、瑕疵保証は1度も実行されていません。これが地震による倒壊0件の実績です。





多くの家族が、家という一つの箱で、永い間、時を過ごします。家族の愛を育むために、“住み心地にこだわり”その中であなたらしさを創り出す、空間デザイン力。

知人との出会いを心地よく演出するために、家に入る前の外観からおもてなしの入り口まで、他の家とはちょっと違うしゃれなデザイン。そして、大切な子供を大人へと成長させるために安心と健康にこだわった、 素材や構造へのこだわり。それが、新しい家族を生み出し、新しい“絆”となります。

シンセイコーポレーションは(デザインにこだわる=住みやすい住宅)であることを大前提に、空間も外観も洗練された、快適でちょっと自慢したくなる、そんな素敵な家づくりをご提案します。

シンセイコーポレーションでは住宅本来の機能性は確保しつつ、お洒落なデザインにこだわって、高級感を随所に演出しています。

外観はシンプル、和風、和洋折衷、ヨーロピアンなどがあります。 ここで大切なのが3番目の土地の形状です。土地の形状によっては外観のスタイルが限定されてしまう場合もあります。 既存の土地に建てる場合はその土地の形状で可能なプランをご提案します。

これから土地を探される場合はご希望のスタイルの住宅が建てられる土地を選別する必要があります。 そして間取り(内装)のデザインはお客様のご要望を最優先に考慮したうえで設計士にプランを考えてもらいます。





シンセイコーポレーションの注文住宅は完全自由設計により建てられます。設計士とのコラボレーションによって お客様が要望されるお住まいのプラン作成を行います。ご要望の内容に応じて依頼する設計士を選別します。 設計士にもそれぞれ特徴があり、お客様のご要望に最も適した設計士にプランを委託します。 

もちろん出来上がったプランが満足されない場合は別の設計士にも依頼をして、最終的にお客様のご納得できるプランをお客様、設計士、 シンセイコーポレーションの3身一体で創りあげていきます。強固な地盤、耐震性のある構造、無駄のない生活動線、使いやすい設備機器、これらをベースに外観デザイン、空間デザインを考慮した住宅が 完成します。

大手メーカーのように形にはまった住宅を建てても面白みはありません。世界でたった一つの貴方だけの住宅をプランして施工するのがシンセイコーポレーションの使命です。お客様のこだわりを十分に取り入れた住宅をシンセイコーポレーションと一緒に実現させませんか。



「3年後のあなたが後悔しています!!」

「家なんて建てなければ良かった…」人生で一番高い買い物は「家」ではありません。今回、家づくりを検討している方に、どうしても知っておいていただきたいことがあります。その知っておいて欲しいこととは……今、家づくりで後悔している人が後を絶たないという事実です。

これは、家づくりで重要視すべきポイントを間違えてしまっているからなのです。家作りを検討している人のほとんどが、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。しかし、人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。

人生で一番高い買い物は、「住宅ローン」なのです。なぜなら、例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの人が住宅ローンを組みます。ローンの組み方によっては、3,000万の家が5,000万になる人、あるいは6,000万になる人、場合によってはそれ以上になってしまう人が存在するからなのです。例えば、3,000万円の住宅を金利1.5%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、38,580,000円になります。仮に同じケースで金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は45,050,000円になります。その返済総額の差は、何と6,470,000円にもなるのです。

3年後のあなたが後悔しない為にきちんとした資金計画を立て、“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことが必要です。シンセイコーポレーションでは最善な住宅ローンが組めるようにお客様の状況に合った住宅ローンのご提案を行っております。これから住宅ローンを検討されるという方は、その前に一度ご相談ください。





デザイン住宅は横浜のシンセイコーポレーション

シンセイコーポレーションのスタッフによる現場日記        

会社名 株式会社シンセイコーポレーション
住 所 〒220-0022 神奈川県横浜市西区花咲町7-150ウエインズ&イッセイ 横浜ビル7階
電話番号 045-317-7733